2006年09月01日

8/30 会ってきました

面会時間を過ぎてしまったため、ほんのちょっとだけですが。

妹さんは明るく振舞い、アタシとONさんをkyoさんの元へ連れて行ってくれました。

kyoさんは、手術後なのでICU内の個室にいます。
頭の手術なので坊主でした。
かわいらしいですよ。
前頭部はガーゼで覆われていました。
そこに、頭の中の血液を抜くためのチューブが3本入っています。
血液で脳を圧迫してしまうのを取り除くためです。
今日2本抜くそうです。

人工呼吸器が装着されていました。
今後長期にわたって人工呼吸器で補助していかなければならないので
今は口から管が入っていますが、喉を切って管を入れるようです。

薬は10種類くらい。
時間が短かったため、何の薬だったか見れなかった・・・。

体は冷やされていました。
代謝を下げるためでしょうね。

術後経過は、厳しいようです。
脳浮腫が進んでいるようです。
これは、薬で管理できるでしょう。

意識が戻るかどうかなのですが・・・
おそらく、難しいでしょう。

発見は病院の前だったそうです。
いくら病院の前だからといって、処置が早いわけではありません。
発見は一般の方、病院の人を呼びに行く、
その人がストレッチャーを準備して救急部へ・・・・
蘇生をするまでに20分ぐらいはあったそうです。
呼吸が止まると脳に酸素がいかなくなります。
その限界時間は4分といわれています。

手術をして、出血を食い止めた。
コレはちゃんとした治療です。
病気は治療されました。
でも、蘇生が早くされていれば・・・・。

奇跡的にも意識が戻っても、後遺症は必ず残るでしょう。


妹さんは本当に明るく、アタシ達に気を使ってくれました。
kyoさんにもたくさん声をかけていました。
アタシも、
「みんな心配して返事のメールがたくさん返ってくるよ!」
「○○さんや、○○さん、みんなに連絡したよ」
「頑張って!また一緒に踊ろうよ!」
って、声かけました。
目は開かなくとも、潜在意識はあるので、聞こえているはずです。
ラジカセがあったので、今度行くときはCD持って行きます。
何がいいかなぁ?
posted by エリ at 09:46| Comment(0) | 現状報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。